インタビュー

感謝の気持ちを忘れず、人との出会いを大切にして欲しい

アミライズ株式会社 代表取締役 池田 裕策 様

2002年(鹿児島大学)工学部建築学科卒、卒業後大学院を志望し勉強する傍ら、オープンして数年の個人学習塾で講師としてアルバイト勤務に従事。

2002年、アルバイト先の代表から社員として働かないかというオファーを受け大学院に行くことを断念し、塾の職員として働くことを決意。

学習塾拡大の為に尽力し、2007年に法人化し、2021現在その塾は近畿地方を中心に約100店舗規模の学習塾を展開している。

2014年に独立し株式会社アミライズ設立後も、アドバイザーとして業務委託契約で社員研修や店舗拡大、運営コンサルティング業務に従事する。

前回までのインタビュー

教育業界でコンサルティング事業を展開

続きを見る

1番大事なことは楽しく充実した仕事が出来る環境作り

続きを見る

アルバイトから社員、そして起業の道へ

続きを見る

素敵な社名ですね! ズバリ独立して良かったですか?

はい

私にとっては良かったですね!

一番大きいのは時間を自分で調整できるところだと思います。

自分のスキルアップの為の勉強に時間を使えたり家族と過ごす時間を増やせたりとメリットは多くあります。

また出会う人の幅がかなり広がりました。

以前は塾関係者や学校関係者ぐらいしか会うことがなかったのですが、今では様々な業種の人と会い沢山刺激を頂いています。

異業種の方との交流は有益なのでしょうか?

はい

私はそう思います。

むしろ同業界以外の方から話を聞ける方が学ぶことが多いですね。

私がコンサルティングに入らせて頂いている塾もそうですが、講師の方にビジネスセミナーやホテル産業のセミナーなどに参加して頂いています。

というのも塾は教育分野ではありますが、ビジネスでもありますので儲けを出して生き残っていく必要があります。

技術的に勉強を教えることが上手い方は沢山いますが、生徒を戦略的に増やしていくというのはまた違うベクトルの話ですし、マーケティング、組織マネージメント、PRなど様々な知識が必要です。

この業界ではあるある話ですが、学校の先生が学校をやめて塾をはじめる方がよくいるのですが、もちろん成功する人もいますが、失敗している人も多いのです。

教える事のスペシャリストであったとしても経営が上手くいくかどうかはやはり違うんです。

業界の外から意見を取り入れることで自分たちが勝負をしているマーケットの事を冷静に分析できることもありますので、私は異業種交流オススメです。

やはり沢山の勉強が必要なのですね 池田さんは勉強を含めビジネスルーティンなどはありますか?

ルーティンというほど大げさなものはないですが、生活リズムはあります。

弊社は仕事柄帰りが遅くなることが多く、子供と過ごす時間がないので、朝2時間くらいは必ず子供と遊んだり話をしたりしています。

大体6時頃に起き食事を作り、子供が学校に行くまでの時間にコミュニケーションを取り、子供が家を出た後に家のこと諸々を片付けてから仕事をはじめます。

午前は情報収集と作業系とかいわゆる人に会わなくても出来る事をやり、午後から打合せなどをするという流れです。

家族のサポートがあっての仕事ですし、子供もまだ小さいので妻の負担が出来る限り少なくて済むように手伝っているつもりではあります。

お忙しいのに家族のこともしっかり考えていらっしゃるのは素晴らしい事ですね!
最後にこれから起業を目指す方や個人事業主の方へアドバイスお願いします!

弊社はまだ9期目の会社ですから大きなことは言えませんが、私が大切にしているのは、常に感謝の気持ちを忘れず人との付き合いを大事にしてほしいということです。

私は個人事業主、サラリーマン、起業と様々な経験をしましたが、前職の社長を始め多くの人に助けられてきましたし、個人的には思い切って助けてもらえばいいと思うんです。

助けてもらったならそれに一生懸命に応えるべく努力して返せば良いんです。

私が会った多くの経営者は前向きで自分自身も苦労してきたからこそ、その分人の為に何かしたいという気概の方が多かったですね。

サラリーマン時代は人付き合いもあまり得意ではなく億劫に感じた事もありましたが、今はすべてが経験値でありきっかけでもあると思い積極的に人に会うようにしています。

目標にしている経営者

京セラ 稲盛和夫さん

好きな著書

稲盛和夫 アメーバ経営



無料で宣伝・掲載できる!コジカツは個人事業主・株式会社を応援します

-インタビュー