帳簿

個人事業主の旅費交通費について 経費の上限は?仕訳の方法は?

2021年3月24日

個人事業主をしていると、仕事のために移動することがあります。

その時にかかる費用については経費として計上可能です。

仕事の出張で電車やホテルを利用した場合、

かかった分だけ『旅費交通費』として計上することになります。

ここに特に上限はありませんが、なんでもかんでも旅費交通費にできるわけではありません。

  • 旅費交通費ってどんな時に使うの?
  • 接待にかかった交通費はどうするの?
  • 旅費交通費の仕訳が分からない

このような方はこの記事を最後まで読み進めて下さい。

旅費交通費が使えるケース

旅費交通費というのはそのまま字の通りで、仕事にかかった交通費や宿泊費を指します。

個人事業主ではあまりないかもしれませんが、通勤費も旅費交通費です。

よくある間違いが、接待のための移動にかかった費用です、これは接待交際費に含みます。

研修やセミナーに参加するための費用は研修費などに含みます。

つまり、目的によって仕訳が変わってくるのです。

移動手段は電車、バス、飛行機、新幹線、タクシーなどなんでも可能です。

新幹線も可能ですがグリーン料金は経費になりません。

タクシー代については何に使ったものかわかりにくいので、きちんと記録しておきましょう。

ICOCAのようなICカードを利用した場合、その内訳がネットで見れます。

チャージした金額全てが旅費交通費ではありません、コンビニなどでも使用できてしまいます。

できれば事業用のカードを作成しておくと仕訳が楽になりますし、事業での移動とプライベートでの移動を区分けしやすいでしょう。

電車など領収書が出ない場合は出金伝票を作成しておきます。

この場合も、できればどの出張で利用したのか分かるように、出張関連の資料と同封しておくと根拠が明確になりやすいです。

この辺りのわかりにくいところ、言い方を変えれば税務調査で聞かれやすいところは、きちんと自分で説明ができることが大切です。

『この出張でここに行ってきたので、その時の交通費です』

と言えるための準備をしておきましょう。

旅費交通費の仕訳について

例をもとに考えていきましょう。

例)○○の打ち合わせのための移動において新幹線代を現金で13,000円支払った

借方 旅費交通費 13,000 / 貸方 現金 13,000 〇駅~▽駅往復新幹線代 ○○打ち合わせ

例)ICOCAに現金で10,000円チャージした

この場合、やり方は2通りあります。

1つは、ICOCAを利用するたびに記帳するケース、その場合はチャージした時に特に仕訳はしません。

もう1つは、チャージした時点で旅費交通費として仕分けをする場合です。

この場合はICOCAを利用するたびに仕訳する必要はありませんが、期末時点で残高が残ることがあります。

その場合、期末時に貯蔵品として精算し、期首に振替を行います。

まず、チャージした日は

借方 旅費交通費 10,000 / 貸方 現金 10,000 ICOCAチャージ

そのカードで移動した場合は特に仕訳は行いません。

期末時点で2,500円残っていた場合(個人事業主の場合通常12月31日)

12月31日 借方 貯蔵品 2,500 / 貸方 旅費交通費 2,500 ICOCA期末残高振替

期首において振替を行います(個人事業主の場合通常1月1日)

1月1日 借方 旅費交通費 2,500 / 貸方 貯蔵品 2,500 ICOCA前期残高振替

このように記帳するICカードはなるべく事業用にしておいた方がクリアでしょう。

利用履歴を印刷して保管しておきましょう。

まとめ

旅費交通費は個人事業主がよく利用する仕訳の一つです。

一方、プライベートでも交通費を支払うことはよくありますので、そこをきちんと区別することがきれいな仕訳になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-帳簿
-

Copyright© コジカツ , 2021 All Rights Reserved.