個人事業主

個人事業主が事業資金を確実に借りるためにするべきこと

事業を行うにはお金が必要です。

初期投資の額は事業によって様々ですが、事務所を借りたり備品を備えたりと何かとお金が必要です。

あるいは、コロナの影響で事業が思わしくない方も多いでしょう。

この危機を乗り越えて、またビジネスにチャレンジするためにはここで廃業するわけにはいかない。

そのためには、やはりお金が必要です。

しかし、お金は簡単には借りられないし、適当な申請では審査が通りません。

  • 個人事業主として事業を始めたいけどお金がなくて始められない
  • コロナの影響で事業が赤字でお金が必要だ
  • 事業が軌道にのってきたのでここでお金をかけて一気に事業拡大したい

上記に当てはまる方は最後までこの記事を読んで疑問を解決してみて下さい。

まずはどこから借りるかです。

個人事業主が頼りにしたい融資先No.1は?

コロナにおいて持続化給付金がありました。

この給付金や補助金というのは返す必要がないので、可能であれば利用すれば良いです。

一般的に融資を受けるということはお金を借りるということ、つまり将来返さないといけないのです。

当然金利が低い方が良いですよね。

また、保証人不要だったり返済期間が長い方がありがたくないですか?

特に創業資金の準備の場合は大事な要素です。

上記の点からいくと、日本政策金融公庫がおすすめです。

日本政策金融公庫は100%国が出資している機関であり、事業主へ資金を貸すことが目的です。

国がやってることもあり、利益をそこまで追求しないので金利も低いですし様々な面で個人事業主にとってありがたい制度です。

日本政策金融公庫を利用するメリット

  • 金利が低い
  • 無担保・無保証人でも使える制度がある
  • 返済期間が比較的長い
  • 手続きが比較的少ない

融資を受けると言えばもう一つ思いつくのは信用金庫や銀行でしょう。

同じく融資を受けることは可能ですが、金利も少し高くなる傾向にあります。

まずは日本政策金融公庫を選択肢にしてみてはいかがでしょうか?

個人事業主が日本政策金融公庫から融資を受ける方法

では、さっそく日本政策金融公庫に行って融資の相談をしましょう、とはなりません。

日本政策金融公庫の審査通過率は50~60%です、つまり約半数は落ちるんです。

その落ちる理由として準備不足が挙げられます。

急ぎの融資で時間がないのは分かりますが、審査に通過しなければ融資は受けられません。

一度落ち着いて確実に準備をしてから審査に進みましょう。

よく言われている審査に落ちる理由が以下の通りです。

  • クレジットカード滞納などの信用情報の問題
  • 公共料金の支払いの滞納・遅延
  • 税金の支払いの遅延
  • 自己資金不足
  • 経営計画が不十分
  • 面談で事業の説明が不十分

これを見るだけでもきちんと準備をしないと審査に通過しないことが分かると思います。

安心してください、融資の通過率を高める方法があります。

それが、融資支援の専門の税理士に相談することです。

一度審査に落ちると半年は再審査ができませんので、一度ご相談されるのも1つの方法だと思います。

実際、相談した方が審査通過確率は大幅にあがりますし、審査に通過しそうになければ別の融資の方法も紹介してくれます。

だいたいは成果報酬型で審査に通過しなければ料金は発生しません。

着手金が必要な場合もありますのでそこは事前に確認してください。

成果報酬は融資額の数%だったりしますので、融資を受けられれば必ず支払うことが可能です。

個人事業主が事業資金を確実に借りる方法まとめ

本当に必要な事業資金は確実に手に入れる必要があります。

付き合いの長い信用金庫や銀行があればそこにお願いすると良いと思います。

信用がすでにできていることは大きなメリットです。

そうでない場合や創業資金が必要な場合は日本政策金融公庫を考えてみて下さい。

その際には、1人で悩まず税理士さんに相談しましょう、プロに任せた方が審査通過率が全然違います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

無料で宣伝・掲載できる!コジカツは個人事業主・株式会社を応援します

-個人事業主