インタビュー

自分自身の力を試してみたい | 個人事業主へのきっかけ

2022年1月16日

某生命保険株式会社 勤務 ST様

生命保険株式会社 (営業コンサルタント)入社10年 シニアエキスパート

経歴 

大阪トヨタ整備士5.5年

株式会社商大自動車整備工業5.5年

民間整備工場2年 計13年会社員経験

個人事業主歴:10年

本日は個人事業主やそれに関するお話を伺っていこうと思っています。まずは自己紹介をお願いしても宜しいでしょうか。

はい もちろんです。

私は*STと申します。

現在44歳で外資系某大手保険会社に勤めております。

本日はどうぞよろしくお願いします。

(*現所属の関係でイニシャル表記)

それでは早速お伺いしますが、なぜ個人事業主という生き方を選んだのか、またそのきっかけを教えてください。

私は社会に出てもう23年という時間がたっていますが、個人事業主となったのは約10年前で、

それまでの13年間はサラリーマンとして会社に勤めていましたし、3回ほど転職も経験しました。

最初は大手自動車会社の整備士として5年半ほど働きました。

5年も経過した頃だったでしょうか、仕事にも慣れ順調に経験を積んでいたと思いますが、

妻が妊娠し漠然と今の収入で子供を養っていけるのかという不安に駆られました。

 

そんな時に同業界の自動車産業の会社からスカウトされ、管理職扱いで給与も上がるので転職を決意しました。

2社目の会社も約5年半勤めましたが、1社目と違うのは管理職ということもあり責任もあり、扱う金額も多く非常にやりがいを感じました。

順調に売り上げも伸ばしていたのですが、様々な提案をするうちに社長とぶつかることが多くなり、

次第に仕事に対するモチベーションが下がっていることに気付きました。

利益を出しても給与が繋がらない、自分自身にメリット少ないと感じるようになっていました。

 

この頃から頭のどこかで自分自身の力を試してみたい、やったらやった分だけ自分に跳ね返ってくる様な、

いわゆる自分で会社を設立するとか個人事業主として働くというスタイルで仕事をしてみたいと考えていました。

その後2社目も退職し、3社目も自動車業界で数年働きました。

3社目に所属している間は常に転職サイトを見ていました。

今まではメインで技術職を言われる仕事に関わることが多かったので、

違う能力を伸ばしたくて大きな意味での営業職の仕事かつ、出来高制がある職種を中心にリクルート活動を始め、

その時に見つけたのが現職の保険会社でした。

 

数回の面接を経て内定を貰いましたが、妻に今まで全く違う業種だったこともあり反対され1度内定を辞退しました。

しばらく時間が経ち面接して頂いた面接官の方から連絡がきて、再度熱心に誘って頂いたので妻を説得して転職を決意しました。

1度反対された奥様をどうやって説得されたのですか?

私を熱心に誘ってくれた面接官が今の上司なのですが、彼が奥様の説得のため、

わざわざ出向いて丁寧に仕事の説明などをしてくれました。

その上で私はたとえ給料が下がっても生活費の補填のための借金などを

絶対にしないということを約束して転職を認めてもらいました。

 

続く

無料で宣伝・掲載できる!コジカツは個人事業主・株式会社を応援します

-インタビュー